0475-54-5566

休診日:木曜・日曜・祝日

矯正歯科

専門医と連携した矯正治療

矯正歯科は専門的な知識が必要です。やひろ歯科医院では、成人矯正は専門医・認定医を取得されている千葉の鎌取のよしもと歯科が提携先に責任を持って紹介します。
小児矯正に関しては、成長と共にプレオルソを用いて、直していきます。
プレオルソを用いての矯正治療も難しい症例は提携先に紹介する場合もございます。

こんな歯並びが矯正治療の対象です。

歯並びが悪い・問題があることを歯列不正といいます。
矯正治療が必要な代表的な歯列不正を紹介します。
自分の歯並びと比べて見て、参考にしてみてください。

1.出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)日本人の骨格上おこりやすい歯列不正で、口元の印象・顔の印象を大きく変える歯並びです。
上顎の前歯が前方に突き出すように生えています。

2.開咬

開咬奥歯でしっかりと噛んでも前歯が噛み合わない状態で、前歯に隙間ができる歯並びです。口の中が乾燥しやすく、口臭の原因にもなりやすいです。

3.受け口

受け口下顎の前歯が上顎の歯よりもでている歯列不正です。
出っ歯とは正反対の症状です。

4.叢生(乱ぐい歯)

歯の生え方がバラバラであり、歯並び全体が崩れている状態です。
この状態では、歯磨きもしにくく、非常に虫歯になりやすい歯列不正です。発声もしにくく様々な影響をもたらしてしまう可能性があります。

5.すきっ歯

すきっ歯歯と歯の間に隙間があるので、食べ物が詰まりやすく、虫歯の原因にもなります。
乱ぐい歯と同様、発声に影響を与えることもあります。

目立たない矯正治療

1.マウスピース矯正

マウスピース矯正プラスチック製の透明なマウスピースを製作し、それを定期的に付け替えて歯を動かしていくという方法です。
透明なので、非常に目立ちにくく、若い女性などにもオススメしています。しかし、デメリットとしては、難症例(難しいケース)では行えなかったり、食事・歯磨き時以外はずっとつけておかないといけないという点があります。

2.裏側矯正(舌側矯正)

通常の矯正治療は、ワイヤーが外から見れるところに装着するのが一般的ですが、舌側矯正では、歯の裏側にブラケットとワイヤーをつける為、非常に目立ちにくいです。

東金市で
なるべく歯を抜かない矯正治療なら当院まで!

やひろ歯科医院では、なるべく歯を抜かない矯正歯科を心がけています。症例によってはどうしても抜歯しなければいけない事もありますが、基本的に抜歯をせずに行える治療計画をたてていきます。
矯正治療は、非常に高額な治療ですし、治療期間も長いので、矯正歯科を検討中の方は、ぜひ当院で矯正歯科無料相談におこしください。

0475-54-5566

休診日:木曜・日曜・祝日